そろそろ孫の顔が見たい。。。

そろそろ孫の顔が見たい。。

子供の教育にはとても熱心だったのに、子供の結婚に対して積極的に行動する両親はほとんどいません。
ほとんどの両親が、子供が世間で言われる結婚適齢期(男性30代前半・女性20代後半)を過ぎてから初めて、
「そろそろ結婚したらどう・・・?」
と、少しずつプレッシャーをかける程度のものです。
もちろん、子供の人生は子供のものです。
両親が子供の結婚について、子供の人生について口やかましく言うことではありません。
ですがご両親には、人生の先輩として子供の幸せを望んでいるものとして、結婚についてのアドバイスを与えてあげて欲しいのです。
結婚や恋愛とは、とてもナイーブで他人が踏み込みにくい話ですから、他人から知識を得ることは難しい。
昔はおせっかいなおばさんやおじさんが、適齢期を過ぎた男女に、【そろそろ結婚しないとね】と言いながら、お見合いの話を持ってきたものです。
もし今そんな人がいると、必ず若い男女から【ウザい】と嫌われてしまいますよね。
だから、今、両親しかいないのです。
現在の婚活事情を、人生の先輩として、子供に伝えてあげて欲しいのです。
良い相手を見つけようと思ったら、できるだけ早いうちに婚活することが大事なのです。
「一日も早い婚活を」
これが、良い相手と巡り合う間違いのない考え方です。